「今後1週間 震度6強に注意」 10年後の余震 154人けが


10年前の記憶を一瞬にして呼び覚ました深夜の大地震。

2月13日午後11時8分ごろ、福島県・宮城県に最大震度6強をもたらした揺れの全貌が、明らかになってきた。

動画撮影者「やばくない? やばいやばいやばい!」

福島・郡山市で撮られた映像では、揺れと共に、棚から次々と物が落ちていっている。

宮城・名取市では、室内のウオーターサーバーが激しく揺れていた。

福島・富岡町で生配信されていた映像では、多くの猫たちが室内でくつろいでいたが、次の瞬間。猫たちが揺れに慌てふためき室内は騒然。

一方、震源から離れた東京都心も、案内標識がたわむほどの強い揺れに見舞われた。

さらに...

動画撮影者「揺れてる揺れてる。めっちゃ揺れてる。街灯すごい。やばくない?」

首都高を走行中前方に見える街灯が揺れ、ついていた明かりが消えた。

東日本だけでなく、北海道・中国地方にかけての広い範囲で揺れを観測した、今回の地震。

今回の地震によるけが人は、これまでに福島県で83人、宮城県で52人など、全国で154人が確認されている。

政府の地震調査委員会は、“東日本大震災の余震”との見方を示し、今後の警戒を呼びかけている。

地震調査委員会 鎌田俊彦地震・防災研究課長「揺れの強かった地域では、(地震発生から)1週間程度最大震度6強程度の地震に注意が必要」

地震調査委員会はまた、「今後10年間は東日本大震災の余震が続く」との見解も発表。

さらに...

地震調査委員会・平田直委員長「今回はマグニチュード7.3で、深さが55kmでギリギリだった。もう少し浅くて規模が大きければ津波が大きくなっていた」

今回は10~20cmほどの津波にとどまったものの、震源の位置によっては津波を伴う恐れがあるとして、注意を呼びかけた。

さらに週明けの15日午後1時半ごろ、和歌山県で震度4の地震が発生。

SNS上では震源地の「和歌山県北部」がすぐさま検索ワードの1位になるなど、地震への警戒感は全国的に高まっている。

(FNNプライムオンライン2月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース