受験機会の確保を要請 地震で新幹線などに影響


地震で影響を受けた受験生が不利にならないよう、文部科学省が、全国の大学に要請した。

宮城・福島で、最大震度6強を観測した今回の地震では、交通機関の復旧が遅れ、受験生の移動に支障が出るおそれがあるとして、文科省は追試験や別日程の振り替え受験の実施などで、被災地の受験生の受験機会の確保をするよう、全国の大学に要請した。

私立大学の入試が2月から本格化する中、これまでに、新幹線の運転見合わせの影響を受けた被災地の受験生に対し、慶應大学は、15日と16日の入試で追試験を実施するほか、早稲田大学は、共通テストの成績で合否判定するとしている。

(FNNプライムオンライン2月16日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース