“孤独担当”坂本大臣自身が感じる「孤独」とは? 週内にも対策室設置へ


政府で孤独・孤立対策を担当する坂本大臣が、週内にも「孤独・孤立対策室」を立ち上げると表明したうえで、自身にとっての「孤独」について語った。

菅首相からコロナ禍により深刻化している、孤独・孤立対策の担当大臣として指名された坂本1億総活躍相は、16日の記者会見で、週内に「孤独・孤立対策室」を立ち上げたいと表明した。

また、記者から「坂本大臣にとっての『孤独』とはなんでしょうか」と聞かれると「選挙に出るときや落選しているときに孤独感を非常に感じた」と答えた。

そのうえで坂本大臣は、孤独感について、「自分自身の内在する精神状態の中で主観的に感じるものだ」との認識を披露した。

(FNNプライムオンライン2月16日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース