“抜け駆け”接種で大臣辞任 「重大な間違いを犯した」 ペルー

国際


南米・ペルーで、新型コロナウイルスワクチンの「抜け駆け接種」で外相が辞任。

ペルーでは、2月9日から医療従事者に向けて正式に中国のシノファーム製のワクチン接種が始まった。

しかし、アステテ外相は、1月22日に臨床試験で残ったワクチンの接種を受けていたことが発覚し、14日、「重大な間違いを犯した」として辞表を提出した。

感染による死者が4万3,000人を超えるペルーでは、前大統領も「抜け駆け」で接種を受けていたほか、保健相も同様に接種を受けていたとして、12日に辞任した。

捜査当局は、政府高官など487人についても捜査を始めた。

(FNNプライムオンライン2月16日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース