【独自】東京にも“ひょっこり”自転車 車の前でふらふら危険走行


東京都内を走る車のドライブレコーダー映像の画面左側には、車道の端を走る1台の自転車が映っている。

しばらく進むと、この自転車がふらりふらりと車の前を蛇行し始めた。

車を運転していた女性は、その時の様子を「テレビの中でしか見たことないようなことが自分に起こっているので、気が動転して怖かったです」と語った。

問題の動画は、東京・小金井市で撮影された。

2月12日の午後3時半ごろ、女性が車で新小金井街道を南に向かって走っていたところ、問題の自転車と遭遇した。

前の車と距離を取って走っていた女性の車。

その前を、自転車に乗った人物がふらりふらりとあおるように走る。

そして一瞬、後ろを振り返り、さらに蛇行運転を続けた。

自転車は、大勢の人が待つバス停付近では真っすぐ走るが、バス停を通り過ぎると再び蛇行運転を始めた。

映像提供者「クラクションも鳴らしてないですし、幅寄せ、自転車を妨害する行為もしてない。ひたすらまっすぐ走ってただけです」

しばらく蛇行運転を続けた、自転車に乗った人物。

するとこのあと、1回、2回と右足を横に振り上げた。

およそ1分間にわたって撮影されたこの動画。

自転車に乗った人物は、歩道を走って姿を消した。

映像提供者「蛇行を繰り返しているところが一番怖かったですね。埼玉の件を思い出しました。“ひょっこり男”」

“ひょっこり男”とは、埼玉県で2020年、自転車で車の前に飛び出すあおり運転を繰り返した罪で起訴され、16日の初公判で起訴内容を認めた成島明彦被告のこと。

女性は、自身の車の前を蛇行する様子を見て、“ひょっこり男”を思い出したという。

今回、女性からの相談を受け、警視庁が捜査に乗り出した。

映像提供者「二度としてほしくないですね、こういうこと。次に何が起きるかわからない。ちゃんと反省してほしいなと思いました」

(FNNプライムオンライン2月16日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース