コロナ禍でのDV増加受け、政府がSNS性暴力相談立ち上げ


政府は、緊急事態宣言が長引く中、外出自粛の影響による女性への暴力が増えているとして、性暴力に関する「SNS相談」を立ち上げた。

コロナ禍の中、外出自粛の影響で、DVや性暴力が増えていることなどが問題となっているほか、かねてより性暴力の被害者が相談をためらうケースが多いことを受けての措置。

内閣府は2020年、電話相談に加え、主に若い世代が少しでも相談しやすいようにと期間限定でSNSによる性暴力の相談を行っていて、「外出自粛の中、電話では相談しづらいがSNSなら相談しやすい」といった声などが聞かれた。

そこで、緊急事態宣言が延長される中で今回、SNS相談を再び立ち上げることになった。

週4回、被害者支援団体などがチャットで相談を受け付ける形で、年齢、性別問わず相談できる。

橋本聖子女性活躍担当相は会見で、「一人で迷わず、まずは相談してほしい」と訴えた。

(FNNプライムオンライン2月16日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース