変異ウイルス 京都・鹿児島で初確認 全国の新規感染者1305人


16日、全国で確認された新型コロナウイルスの新規感染者は、1,305人にのぼっている。

また、新たに23人が変異ウイルスに感染していたことがわかった。

東京都で16日、新たに感染が確認されたのは350人で、重症者は15日から5人減って92人だった。

都内では27人の死亡が確認され、うち8人は同じ医療機関で死亡している。

また全国では、1,305人の感染と101人の死亡が確認されている。

一方、厚生労働省によると、イギリスで流行している変異ウイルスについて、埼玉県や東京都、新潟県、京都府や兵庫県、鹿児島県の居住者のあわせて23人の感染が確認された。

京都府や鹿児島県の居住者で、変異ウイルスの感染が確認されたのは初めて。

新潟県では、海外に滞在歴がない同じ施設の関係者13人の感染が確認され、変異ウイルスのクラスターが発生している。

国内で変異ウイルスの感染が確認されたのは、空港の検疫も含めて、あわせて151人になる。

(FNNプライムオンライン2月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース