“爆弾低気圧”数年に一度の猛吹雪 17日以降 九州・四国も大雪警戒


日本海側では、16日にかけて冬の嵐が続き、西日本でも雪への警戒が求められる。

夜になっても雪が降り続く北海道。
積もった雪が風で舞い上がる。

台風並みに発達した、いわゆる“爆弾低気圧”。
この低気圧の影響で16日、北日本は大荒れの天気になった。

木が大きく揺れ、今にも飛んでいきそうなめくれ上がったトタン屋根。

北海道の室蘭市では、最大瞬間風速35.5メートルを観測し、住宅の屋根がはがれるなどの被害が100件を超えた。

また、厚岸町では高潮が発生。
広い範囲で冠水し、深いところは30cmほどまで水に漬かった。

青森・平内町を走る国道4号線沿いでは、16日午前、猛烈な吹雪が発生し、視界が悪く、走行する車はライトを点灯してゆっくり走っていた。

強風で雪が吹き上げられ、道路はホワイトアウト状態に。
前方はほとんど見えず、対向車も目の前にくるまでわからない。

最大瞬間風速30.1メートルを観測した新潟市では、配送センターのトタン屋根が強風によって吹き飛ばされ、住宅に覆いかぶさるような形で引っかかっていた。

トタン屋根が直撃したのか、軽自動車がひっくり返ってしまっていた。

北日本を襲った冬の嵐。

北海道の日本海側では、17日の昼前にかけて、数年に一度の猛吹雪となるおそれがある。

17日にかけて予想される最大瞬間風速は、北海道で40メートル、東北や関東甲信などで35メートルとなっている。

また、17日は西日本でも日本海側を中心に雪が降り、18日にかけては、九州や四国など西日本の平地でも大雪になるところがある見込み。

気象庁は、冬の嵐に警戒するよう呼びかけている。

(FNNプライムオンライン2月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース