ワクチン きょうから先行接種 4万人の医療従事者対象に


17日から、新型コロナウイルスのワクチンの先行接種が始まる。

河野規制改革相は16日に記者会見し、17日から「およそ4万人の医療従事者に接種を開始する」と発表した。

ワクチン接種担当・河野規制改革相「約4万人の医療従事者に対して、あす(17日)から接種を開始いたします」

河野規制改革相は、先行接種の対象の医療従事者およそ4万人のうち、「およそ2万人に継続的に観察日誌を記入してもらい、接種の安全性の調査を行う」と明らかにした。

さらに、全体でおよそ370万人と推定される医療従事者について、「都道府県に配分するワクチン量を、今週中にも決定したい」と述べた。

一方、65歳以上の高齢者については、「4月から接種を開始することを見込んでいる」と述べた。

河野規制改革相「高齢者への接種の開始の日程がなかなかお伝えできないというところは、私ももどかしく思っているし、ご迷惑をかけている部分は率直におわびをしなければいけない」

また、河野規制改革相は、ファイザー社製のワクチンについて「来週には第2便がわが国に到着する見込みだ」と述べた。

 

(FNNプライムオンライン2月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース