北海道 猛吹雪の警戒続く 台風並み発達 爆弾低気圧


16日夜から17日朝にかけても、日本海側は冬の嵐となった。

北海道では昼ごろまで猛吹雪となるおそれがあり、引き続き、暴風雪に厳重な警戒が必要。

17日午前5時すぎの北海道・稚内市の様子は、ところどころ、強く吹きつける風の影響で積もった雪が吹き上げられ、地吹雪となっているのがわかる。

台風並みに発達した、いわゆる「爆弾低気圧」の影響で、日本海側では16日夜から17日朝にかけても風や雪が強まった。

北海道・えりも町では、午前0時36分に最大瞬間風速34.7メートルを観測している。

このあと予想される最大瞬間風速は、北海道で40メートル、東北や関東甲信、近畿、中国地方、九州南部で35メートルなどとなっている。

また、18日にかけては西日本の平地でも大雪になるところがあり、18日朝までに予想される降雪量は、北陸で80cm、北海道、東北、東海、近畿で60cm、四国や九州北部で30cmなどとなっている。

(FNNプライムオンライン2月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース