菅首相、ワクチン円滑接種に全力 国が全額負担


政府は、円滑に接種が進むよう、ワクチンの確保や情報提供に努める方針を強調している。

国会記者会館から、フジテレビ政治部・福井慶仁記者が中継でお伝えする。

予算委員会で菅首相は、ワクチンを感染収束の決め手だと、あらためて強調し、円滑な接種に向け、国民への適切な情報提供などに努めると述べた。

菅首相「副作用とか、そうしたことも含めて情報をしっかり公開する中で、しっかりこの接種を行って、コロナとの闘いの中で、なんとかして終息に向かいたい」

さらに、ワクチン接種担当の河野大臣は、自治体などから接種にかかる費用に関する不安の声が出ていることについて、「接種にかかる費用は国が負担するので、自治体には安心してやっていただきたい」と述べた。

また菅首相は、今回ワクチンを海外から輸入したことに関し、今後、国内での開発・生産ができる体制づくりが重要だとの認識を示した。

一方で、野党からは、ワクチン供給の見通しが不透明なことについて、政府の交渉の「詰めが甘かった」との指摘が出ていて、今後、安定的な供給が確保されるかが焦点となるとみられる。

(FNNプライムオンライン2月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース