島根 聖火リレー中止を検討 コロナ対策に不満


首都圏の新型コロナウイルス対策が不十分だとして、東京オリンピックの開催に反対している島根県の丸山知事が、5月に県内で予定されている聖火リレーの中止を検討していて、17日午後に表明することがわかった。

島根県の丸山知事は、コロナ収束の兆しが見えず、感染対策の改善が見られない、政府や東京都の対応を問題視していて、17日午後に開かれる県内の聖火リレーの実行委で、中止も検討したいという考えを示す見込み。

島根・丸山知事「東京全体の状況をふまえて、五輪を開催してもらっては困る。資格がない」

丸山知事は、10日の会見で、東京オリンピックの開催にも反対だと述べていて、新型コロナによる経済的な影響が地方にも波及していることを問題視していることが背景にあるとみられる。

(FNNプライムオンライン2月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース