北日本は大雪 西日本で積雪も 立ち往生、交通混乱注意


発達した低気圧や強い冬型の気圧配置の影響で、日本海側を中心に18日にかけて大雪になり、普段雪が降らない西日本でも、積雪のおそれがある。

17日朝も、日本海側で雪や風が強く、新潟・妙高市では午前11時の積雪が131cmを記録した。

また、富山市でも21cmの雪が積もり、長靴姿で通勤する人々の姿が見られた。

福岡市では、午前8時ごろ、目が開かないくらい、風とともに雪が降っていた。

西日本でも、本格的に雪が降り、福岡市の山あいでは、車道に雪が積もっているところもあった。

このあとの雪の予想。

日本海側は、午後も広く雪で、特に東北や北陸は、平地でも大雪のおそれがある。

また、四国や九州など普段雪の降らない地域でも、18日の朝にかけて雪が積もる見込み。

18日朝にかけて予想される降雪量は、多いところで、新潟県で100cm、北陸で70cm、四国や九州北部で30cmなどとなっている。

大雪による車の立ち往生など、交通機関の大幅な乱れに警戒が必要。

(FNNプライムオンライン2月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース