“ポスト森”候補1人に絞り 18日、理事会で新会長誕生も


東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森会長の後任について、候補を1人に絞り、18日午後にも理事会で新会長を選出する方向で最終調整していることがわかった。

後任の会長候補を選ぶ「候補者検討委員会」が17日午前に開かれ、具体的な候補者名をあげ、話し合いが行われた。

大会関係者によると、17日の話し合いの結果、検討委員会は、候補を1人に絞り最終調整を進め、組織委員会が候補者の意向を確認していて、早ければ18日午後にも理事会を開き、正式に新会長を選出する方針だという。

(FNNプライムオンライン2月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース