島根 聖火リレー中止検討 県知事 五輪開催にも反対


島根県の丸山知事が、県内での聖火リレーの中止を検討していることを表明した。

島根県の丸山達也知事は、新型コロナウイルスの収束の兆しが見えず、感染対策の改善が見られない政府や東京都の対応を問題視していて、5月中旬に予定されている県内での聖火リレーの中止を検討する考えを表明した。

島根県・丸山達也知事「5月15日・16日に予定されている、島根県内の東京オリンピック聖火リレーについて、中止をしていただきたいと、ご理解をいただけるよう要請する」

丸山知事は、東京オリンピックの開催にも反対だという姿勢を従来から示していて、ランナーの手配などに関する費用負担について、県側の負担が重くなったことなどを中止表明の理由に挙げている。

島根県は今後、大会組織委員会に対し、協定の契約解除を要請していく方針。

(FNNプライムオンライン2月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース