ワクチン子どもへの治験開始 英・オックスフォード大で

国際


世界で初めて、子どもを対象にしたワクチンの治験がスタート。

イギリスのオックスフォード大学は16日、子どもを対象にした、新型コロナウイルスワクチンの治験を開始し、14歳の参加者が接種を受けた。

参加者(14)「子どもたちを守るために、研究の役に立つことができてうれしい」

治験では、大学がアストラゼネカと共同開発したワクチンが使われている。

治験の第1段階では、12歳から17歳が対象となり、その後、6歳から11歳にも拡大する。

子どもへのワクチンの治験は世界初だということで、大学は、子どもに接種した場合の安全性や免疫反応を確認することにしている。

(FNNプライムオンライン2月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース