違法薬物 初の1トン超え 横浜税関での押収量


神奈川県の横浜税関の薬物押収量が、初めて1トンを超えた。

横浜税関によると、2020年の1年間に摘発された違法薬物の密輸事件は431件で、押収量はおよそ1,265kgにのぼった。

2020年4月、エクアドルからのコンテナには、およそ722kgのコカインが隠されていたほか、10月には、南アフリカからの貨物で、およそ237kgの覚醒剤が見つかっていた。

(FNNプライムオンライン2月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース