「ワクチンは感染予防の“決め手”」 菅首相が国会で決意示す


17日から新型コロナウイルスワクチンの接種が始まったことを受け、菅首相は「ワクチンは感染拡大防止の決め手だ」とあらためて強調し、国民が1日も早く接種できる環境を作る決意を示した。

菅首相「きょうから始まりましたこのワクチン接種。これについては国際的には発症予防、重症化予防の効果が期待されており、今般の感染拡大防止の決め手になるものだと。副作用とかそうしたことも含めて、情報をしっかり公開する中で、しっかりこの接種を行って、このコロナとの闘いの中でですね、何としても収束に向かわせたい」

立憲・長妻副代表「素朴な疑問として、欧米に比べてなんで接種が遅れたんだろうと」

菅首相「有効性安全性に配慮した結果、時間を要したのは事実だと。国民の皆さんに、1日も早く接種できる環境しっかりつくるのが政府の責任だと思っています」

衆議院予算委員会で菅首相はこのように述べ、接種が1日も早く、かつ円滑にできるよう、政府として努める考えを強調した。

さらに、ワクチン接種担当の河野大臣は、自治体などから接種にかかる費用に関する不安の声がでていることについて「接種にかかる費用は国が負担するので、自治体には安心してやっていただきたい」と述べた。

また、菅首相は、今回ワクチンを海外から輸入したことに関し、今後、国内での開発・生産ができる体制づくりが重要だとの認識を示した。

(FNNプライムオンライン2月17日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース