東京・千葉など 125人にワクチン接種 腕の消毒から10秒


17日から、医療従事者を対象にした新型コロナウイルスのワクチンの先行接種が始まった。

全国100カ所の病院で、およそ4万人を対象に行われる。

17日から開始された、医療従事者への新型コロナウイルスワクチンの先行接種。

東京や千葉などの病院8施設で、125人が接種を受けた。

東京・目黒区の病院では、午前9時から全国で最も早く接種を開始。

東京医療センターの新木一弘院長が、国内1例目となった。

使われたのは、ファイザー製のワクチン。

腕の消毒から接種まで、わずか10秒。

使用されたのは、1つの容器から6回分のワクチン接種ができる特殊な注射器。

17日は、新木院長を含め、医師や看護師ら12人が接種を受け、15分間、別室で経過観察が行われた。

会場には、万が一のときに備え、ストレッチャーも用意されたが、病院によると、体調に異常が起きた人はいないという。

東京医療センター・新木一弘院長「このコロナのワクチンは、新型コロナ感染症の切り札だと思う。それが、広く国民のみなさんに使ってもらうための貴重なデータが解析されて、役に立てば大変ありがたい」

ワクチン接種を受けた医療従事者「病院の中で不安がなく仕事ができるとか、患者さんにとって安心であるといいのかなと思うので、そういう意味では第一歩になったと思うので安心している」、「インフルエンザは注入中に痛みがあるけど、今回は、刺した時だけ少し刺さった感じはしたが、注入中は全然痛くなかった」

東京医療センターでは、医師や看護師ら800人が先行接種を受け、その後、優先接種者も含め、あわせて2,000人程度に実施される予定。

一方、東京・武蔵村山市の村山医療センターでは17日、ワクチンの搬入が完了し、超低温の冷凍庫に保管された。

村山医療センターでは、混乱を避けるため、外来患者が少ない土曜日に接種を予定。

各部門から5人ずつ、あわせて60人が最初の接種者となり、副反応が起きた場合の対応策もつくった。

村山医療センター・谷戸祥之院長「部門ごとに1人ずつドクターが決まって相談役になっている。例えば、夜なにか起きた時とか、24時間そのドクターに電話で相談ができるシステムを作っている」

全国100カ所の病院の医療従事者、およそ4万人が対象となる今回の先行接種。

このうち、1万人から2万人を対象に、安全性の調査が行われる。

日本医師会の中川会長は、当初予定していた1万人を大きく上回る人数が先行接種を希望したとして、ワクチンの画期的な効果に期待を寄せている。

日本医師会・中川会長「非常に(ワクチンの)効果が有効性が高いという情報も入ったこともあり、医療従事者だけでなくて、多くの国民の皆さんも非常に期待を持っていると思う」

今後は、370万人の医療従事者が対象となり、4月以降に、高齢者およそ3,600万人への接種が始まる見通し。

(FNNプライムオンライン2月18日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース