世界初のカフェ併設「イッタラ」新店舗の狙い 体験型のショップとは


北欧の有名食器ブランドが、都心に新たな店舗をオープン。

世界初、カフェ併設の狙いとは。

店内に入ると、正面にはフィンランドの自然が映し出されていて、壁は、フィンランドの森の木をイメージしたデザインになっている。

白を基調にした、シンプルで温かみのある店内。

19日、東京・表参道にオープンするフィンランド発の食器ブランド「イッタラ」の新店舗。

フィスカース ジャパン・芦田直子マーケティング部長「こちらは世界初のカフェを併設していて、単に商品を並べているだけでなく、お客さまにフィンランドを体験していただける(体験型の)ショップになっています」

世界1号店の「イッタラカフェ」。

ショッピングのあとは、店内でシナモンロールとコーヒーも楽しめる。

デザインは、国立競技場などを手掛けた世界的建築家・隈研吾氏が担当。

こだわりの店内は、壁の一部にコーヒー豆などの廃棄素材を使用。

商品のディスプレー台には、工場から出た廃棄ガラスを使用するなど、環境先進国フィンランドらしいサステナブルな素材を取り入れた造りになっている。

家具やインテリアなど、北欧人気となっている日本。

フィンランドの生活文化は、新型コロナの影響で増える“おうち時間”のヒントにもなると考えている。

芦田直子マーケティング部長「フィンランドの人々は、寒いので家で過ごす時間が長い。それもあっての家の楽しみ方を熟知している国、その中で生まれたブランドなので、実際に、例えば去年からキャンドルホルダーの売り上げが高まっていたり、そういった家の中での楽しみ方をお伝えできるかなと」

(FNNプライムオンライン2月18日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース