組織委 聖火リレー開催に意欲 島根県知事が中止表明


東京オリンピック・パラリンピック組織委員会が、聖火リレーの開催に意欲を示した。

組織委ゲームズ デリバリー・オフィサー 中村英正氏「当然、安全安心のうえに大会があるのと同じように、聖火リレーも全く同じ。皆さんに歓迎される形で聖火リレーができるのではないか」

聖火リレーをめぐっては、島根県の丸山知事が、新型コロナウイルスへの政府や東京都の対応を問題視し、県内での聖火リレーの中止を表明していて、これについて質問を受けた大会運営を統括する組織委員会の中村英正氏が答えたもの。

組織委員会は、IOC(国際オリンピック委員会)と、IPC(国際パラリンピック委員会)と感染防止対策についての会議を、17日まで行っていた。

(FNNプライムオンライン2月18日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース