橋本五輪相 正式候補決定へ 「検討委員会」開催


東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の後任について、3回目となる候補者検討委員会が、18日に開かれる。

早ければ午後にも、橋本聖子オリンピック・パラリンピック担当相が新会長として選ばれる見通し。

政府関係者によると、橋本五輪相は、後任として正式に要請されれば受け入れる方向で、検討委員会は18日、正式に後任候補として決定する方針。

橋本五輪相「(就任を受ける気持ちは固まった?)検討委員会が、きょうもまた、3回目もあるので。(お気持ちは? 受けますでしょうか?)検討委員会の過程ですから、まだまだ申し上げられません」

後任の会長候補を選ぶ「候補者検討委員会」の3回目の協議が、18日午前から始まったとみられる。

17日、後任候補を橋本五輪相に一本化したことを受け、18日は、本人に打診した状況を委員に報告をし、正式に後任候補に決定する方針。

その後、早ければ18日午後にも、評議員会で理事に選任したうえで、理事会の互選により、新会長へ選出される見通し。

森会長の問題発言に端を発した会長の交代劇は、18日にヤマ場を迎える。

(FNNプライムオンライン2月18日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース