【速報】橋本新会長「引き締まる思い」 大会組織委理事会で決定


東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は、森前会長の後任の会長に、橋本聖子前オリンピック・パラリンピック担当相を選出した。

橋本新会長「会長という大変大きな重責を担わせていただく、身の引き締まる思い。東京大会の成功に向けて尽力したい」

橋本前大臣は18日、後任の会長候補を選ぶ「候補者検討委員会」で、正式に後任候補となり、その後、理事になる手続きを経て、午後4時から開かれた理事会に出席した。

理事会では、橋本前大臣が正式に新会長に選出された。

これに先立って、橋本新会長は、大臣の辞職願を届け出た。

後任には、丸川珠代元オリンピック・パラリンピック担当相が内定していて、18日中に就任する予定。

(FNNプライムオンライン2月18日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース