新ブランドは「LINEMO」 ソフトバンクも2480円に 3月17日からスタート

経済・ビジネス


さながらチキンレースの様相を呈してきた、携帯大手各社による価格競争。
18日はソフトバンクが動きを見せ、価格を見直した新ブランド「LINEMO」(ラインモ)を発表した。

ソフトバンク・寺尾洋幸常務「年末に発表して3月までの間に、皆さんのお声をいただいて。本日、新しい料金の発表となります。新しい料金、20GBで2,480円」

ソフトバンクは2020年12月、データ通信量20GBの新プランを月額2,980円で提供すると発表。
これには、5分以内の国内通話かけ放題が含まれていた。

今回の見直しでは、国内通話を外して基本料金を2,480円に引き下げ。
それと同時に、プラス500円で5分間の国内通話無料オプションをつけられるように変更した。

実は2021年1月、KDDIも基本料金2,480円の新プラン「povo」を発表している。ソフトバンクの「LINEMO」は今回の見直しで、価格は同じ料金水準となった。

携帯大手各社の新プランの名称は、ドコモが「ahamo」、KDDIが「povo」、ソフトバンクが「LINEMO」とどこか似ている感じもあり、すぐに覚えるのは大変そう。

ユーザーからは、「似たようなヤツがいっぱいあるから、何が違うのか教えてほしい」といった声も出ている。

ただし、ソフトバンクの新プランには、他社にないアピールポイントがあった。

ソフトバンク・寺尾常務「LINEのデータをギガフリーにすること。LINEスタンプはフリーという形で、お客さまが一番使われているソフト、アプリであるLINEをもっと使いやすくするということが、一番の差別化ではないかなと考えております」

LINEMOでは、LINEのデータ通信量の使用分は20GBに含まれないという。

ユーザーの印象は...。

ドコモユーザー(20代)「便利だなとは思います。写真とかで、これいいんじゃないみたいなのを電車の中から送りたいときとか、結構ギガ数食っちゃうので」

一方、基本料金が2,980円のまま取り残された形となったドコモ。
2月初めには、ahamoの先行受付がすでに100万件を超えたことを明らかにしているが、今後はどう打って出るのか?

携帯ジャーナリストの石川温さんは、「ahamoは3月下旬からスタートしますけども、おそらく2,480円に改訂してくるでしょうし、その段階になって横並びなったことによって、ようやく競争が落ち着くんじゃないかなとは思います」と予測している。

LINEMOは、3月17日からサービスの提供を始める予定。

(FNNプライムオンライン2月18日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース