菅首相長男との会食“音声”に 懇談のはずが衛星放送発言


18日午前9時から始まる予定だった、2月18日の衆議院予算委員会。
しかし、開会は遅れに遅れた。

その原因は、菅首相の長男と総務省幹部をめぐる新たな疑惑だった。

疑惑を報じたのは、18日発売の週刊文春。

菅首相の長男は、衛星放送も手掛ける映像事業会社「東北新社」に勤務している。

その長男が2020年12月、総務省の幹部4人と会食した際、「BS」や東北新社が出資する「スターチャンネル」など衛星放送に関する発言があったとして、文春オンラインで会話を録音したとする音声を公開したのだ。

衛星放送を所管する総務省と東北新社は利害関係者にあたり、接待は法令違反である可能性が指摘されている。

会食に参加していた総務省の秋本情報流通行政局長は、これまで「衛星放送やスターチャンネルについて話題になった記憶はございません」と答弁していた。

また、会食の趣旨については、「東北出身者、あるいは親御さまが東北出身者の懇談会という位置付けでございまして...」(注:菅首相は秋田県生まれ)

今回の報道内容はこれまでの説明と相反するものだとして、野党は追及を強める構え。

立憲民主党・安住国対委員長「これまで3週間言ってきたことと、音声録音のテープは全く違うわけですから。単なる東北の出身者の会とか、懇親会という話は事実ではないと」

総務省は音声について、秋本局長が音声の一部を自分のものだと認める一方で、衛星放送に関する発言は「記憶にない」とする文書を、衆議院予算委員会の理事会に提出した。

立憲民主党・辻元筆頭理事「しゃべってる部分の声は認めたけれども、会話の中身は否定すると。全く誠意のない調査結果というか、組織ぐるみでこの秋本氏擁護、そして隠ぺいをしようとしていると」

野党側は18日、納得できないとして再調査を求め、予算委員会での質問を取りやめた。
与党である公明党も総務省に対し、早急に調査結果を明らかにするよう求めている。

(FNNプライムオンライン2月18日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース