ワクチン接種 看護師は... “筋肉痛?”共通する副反応


医療従事者へのワクチン先行接種2日目となる2月18日、接種から一夜経過した千葉ろうさい病院の看護師3人に話を聞いた。

榎並大二郎キャスター「接種された箇所を見せていただけますか?」

副院長兼看護部長「赤くなっているとか腫れているとか、一切見た目も変化がなくて」

18日も通常の勤務を行っているが、朝にはある変化に気づいたという。

副院長兼看護部長「朝起きて着替える時に、『あれ? ちょっと痛い』と思って。筋肉痛といわれるような、部分的な痛みがある感じが今起きています」

この筋肉痛のような痛みは、ほかの2人も感じていた。

感染制御チーム看護師長「朝、本当に筋肉痛。(腕を)ここまで上げるとここが痛い、みたいな。あとは、どこも何ともない」

“新型コロナ病棟”看護師「触ると痛い。触ったり動かしたりすると痛いという感じ。インフルエンザ(ワクチン)も痛くなるので、打ったところはある程度、痛くなるのかなと予想はしていたので、痛み自体が不安というふうには思わなかった」

こうした副反応については、2万人の医療従事者が観察日誌をつけながら調査が行われている。

3人は観察日誌に何を書いたのか?

副院長兼看護部長「熱を測って体温を直接書いたり、あとは症状について、あるかないかなどの各項目がそれぞれありますが、(症状がないので)書き込むことがないような」

感染制御チーム看護師長「(症状欄は)頭痛とか倦怠(けんたい)感とかそういう内容なので、特に何もないので『なし』と」

“新型コロナ病棟”看護師「わたしはきのうから少し痛かったので、『痛みがある』というところをチェックしました」

厚生労働省によると、17日に接種を受けた医療関係者125人に重い副反応は出ていないという。

副院長兼看護部長「健康観察日誌をつけて、皆さんに私たちのデータをちゃんとお届けできるように、しっかりやっていきたい。『わたしたちが元気でこんなにやれています』というのを皆さんにお届けできるようにしたい」

菅首相は18日午後、接種現場の東京医療センターを視察した。

また、全国で接種を始めた病院も増えている。

茨城県の水戸医療センターで6人、岡山県の岡山労災病院では42人が接種を受けた。

接種直後には、このようなやり取りもみられた。

接種者A「(腕を)もまなくていいの?」

接種者B「これは(腕を)もまないほうがいい?」

医療従事者でも迷う接種直後の対応。
厚労省は、軽く押さえる程度で、(接種した腕を)強くこすらないよう呼びかけている。

(FNNプライムオンライン2月18日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース