橋本聖子新会長が就任 丸川珠代新五輪相は再任


東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森前会長の後任として、橋本聖子前オリンピック・パラリンピック担当相が新会長に就任した。

橋本新会長「東京大会の成功に向けて尽力したい、その思い一心でこの場に立たせていただいております」

「候補者検討委員会」で後任候補となった橋本前大臣は、18日午後に開かれた理事会で、正式に新会長に選出された。

このあと行われた就任会見では、コロナ禍でアスリートが大会を目指すことがいいことか自問自答しているとして、あらためてアスリートファーストを全力で目指すと強調した。

橋本新会長「アスリートの皆さんが迷うことなくこの夢の舞台に立てるように、今の社会の空気を変えていくことだと思っています」

また、森前会長の女性蔑視発言でボランティアや聖火ランナーを辞退した人に対し、再び参加できるよう準備する考えも示したほか、女性理事の比率を高めるなどの取り組みを2月中に始めると表明した。

一方、「候補者検討委員会」の御手洗座長は、座長を除く7人の委員のうち、6人が橋本新会長の名前をあげたとして、人選が適切だったと説明したうえで、透明性のある選考だったと強調した。

橋本前大臣の後任には、丸川珠代元オリンピック・パラリンピック担当相が就任した。

丸川珠代新五輪相「非常に大会まで期限が迫った中で就任となりました。しっかり務めさせていただきたいと思います」

丸川新五輪相は、「まさか再任すると思っていなかった」と驚きを見せつつも、「感染症対策が万全でなければ国民の理解を得られない」と決意を語った。

(FNNプライムオンライン2月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース