気温大幅アップで20℃超続出! 各地で4月並み“春の陽気”も強烈な寒暖差に要注意

社会 暮らし 気象・災害

2月なのに4月並みの陽気に!? 気温が大幅アップし、20℃超が各地で続出しそうです。

25年ぶり 2月に台風1号発生

18日の午後3時、台風1号が発生しました。2月に台風1号が発生するのは、25年ぶりのことです。

フィリピンの東の海上、日本から離れたところに発生した台風1号。予想進路を見てみると、北西方向に進み、フィリピンを直撃しそうです。


台風1号に関しては、日本への直接の影響はありません。ただし、この時期に台風1号が発生することは、平年よりも1カ月ほど早く、すでに季節が春へと進んでいるということを表しています。その影響が、週末から日本にも出てきそうです。

春へスピードアップ!週末は気温上昇


寒気・暖気の予想を見てみましょう。オレンジ色が春の空気、青色が真冬の空気を表しています。19日午前9時時点では、春の空気と冬の空気が日本列島でせめぎ合っていることがわかります。


しかし、20日(土)~21日(日)にかけて、オレンジ色で表される春本番の陽気が北に広がってきて、東北辺りまで春の空気が流れ込んできます。


21日(日)の各地の予想最高気温を見てみると、東京や福岡で21℃、大阪で20℃。仙台でも15℃の4月の陽気になり、各地で気温が上昇。数日間で季節がガラッと変わることになりそうです。

「風向き」がカギ 冬型から春へ

では、一体なぜこのように一気に季節が春に変わるのでしょうか?カギは「風向き」です。


ここ数日は、寒気が強い勢力で入ってきて、西側に高気圧・東側に低気圧がある「西高東低」の冬型の気圧配置でした。

そうすると、低気圧側に向かって風が吹いてきますので、風向きはシベリアから日本にやってくる冷たい北風でした。そして、この気圧配置が、19日以降ガラッと変わりそうなのです。


低気圧が去り、今度は南に高気圧・北に低気圧がある「南高北低」の気圧配置に。風は低気圧に向かって吹きますから、この気圧配置では、沖縄の南方面から暖かい風が吹き、一気に気温が上昇することになるのです。

熊谷は気温差21℃ 強烈な寒暖差に

しかし、一点注意して欲しいことがあります。それは寒暖差です。


21日(日)の各地の予想最低・最高気温を見てみましょう。日中は熊谷で22℃、東京で21℃、名古屋20℃、仙台15℃と各地で20℃近くまで気温が上昇する予想です。

しかし、朝の気温は東京や名古屋で6℃、仙台5℃、そして熊谷では1℃に。


熊谷で予想される気温差はなんと21℃!強烈な寒暖差になりそうです。日中はポカポカと春の陽気ですから、小物のマフラーなどで朝と昼の気温変化に対応をお願いします。


あまダネ!では、みなさんから『季節の絶景動画や写真』のほか『不思議な現象を捉えた写真』『お天気のギモン』などを募集しています!公式ツイッターで「#あまダネ」をつけて投稿頂くか、公式HPまでお寄せください。

(とくダネ!『あまダネ!』2月19日放送)

(FNNプライムオンライン2月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース