橋本聖子新会長 信頼回復へ始動 丸川珠代新五輪相も


東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の新体制が、新たにトップに就任した橋本聖子氏のもと、本格始動する。

橋本新会長は19日朝、FNNの取材に応じ、意気込みを語った。

橋本大会組織委新会長「(きょうから本格始動ですが?)はい、しっかりと新しいことを打ち出してやっていきます」

18日の就任会見で、組織委員会の信頼回復に努めるとした橋本新会長は19日午後、職員に就任のあいさつを行う。

一方、橋本氏に代わって、東京オリンピック・パラリンピック担当大臣に就任した丸川珠代氏は、閣議後の会見で18日夜、東京都の小池知事と連絡を取ったと明らかにした。

丸川新五輪相「身の引き締まる思いです。きのう、あのあと小池都知事と電話でお話させていただきまして、一緒に頑張りましょうと言っていただきました。私の方からもしっかりとお支えしますと申し上げた」

新旧大臣の引き継ぎは18日午後に行われ、その後、丸川大臣は職員に訓示を行う予定で、東京大会に向けた新たな体制が本格スタートする。

(FNNプライムオンライン2月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース