一夜明け 腕に張りとだるさ 接種の医療従事者


18日に接種を行った横浜労災病院・薬剤部の山下淳志部長は、一夜明けて、患部の張りと腕全体のだるさといった症状が表れたという。

横浜労災病院・薬剤部 山下敦志部長「接種後4時間ぐらいから、少し腫れというか張りが出てきて、左腕がだるいかなと」

ただ、接種した医療従事者が記入する観察日誌には、該当する症状を書く欄がなく、戸惑う場面も。

山下敦志部長「発赤(赤み)もないのでね。倦怠(けんたい)感・鼻水等もないです、まったく。副反応が起きるありきの記載の仕方なんだなと」

厚労省によると、医療従事者への先行接種で、18日までに全国16の施設で611人が接種したという。

(FNNプライムオンライン2月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース