放送関連事業「会話あった」 菅首相長男“会食音声” 局長ら2人“更迭”


衛星放送関連会社に勤める菅首相の長男と総務省幹部の接待問題について、総務省幹部が、会食の場で放送事業に関する会話があったことを事実上認めた。

国会記者会館から、フジテレビ政治部・柴木友和記者が中継でお伝えする。

総務省の局長はこれまで、放送事業に関する会話をしたか、「記憶にない」と連発してきたが、音声データという証拠の前に「あったのだろう」と認めた。

立憲・森山浩行衆院議員「あったということでいいですか?」

総務省・秋本情報流通行政局長「今となっては、木田氏や菅氏からBS・CS・スターチャンネルに言及する発言あったのだろうと受け止めています」

19日の国会で総務省の秋本局長は、利害関係にあたる可能性がある放送事業などについての会話があったことを事実上認め、音声が公開された時は、「天を仰ぐような驚愕(きょうがく)する思いだった」と話した。

一方、武田総務相は、長男らと会食した秋本局長ら2人を異動させる人事を発表した。

事実上の更迭とみられる。

(FNNプライムオンライン2月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース