橋本聖子新会長 自民党離党へ 「政治的中立」批判の声も


東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の新会長に就任した橋本聖子参院議員が、自民党を離党する方向となった。

自民党・世耕参院幹事長「橋本会長は中立性に関して、疑念を持たれることを決して歓迎されないというふうに思っています」

橋本氏の会長就任をめぐっては、「政治的中立」を求めるオリンピック憲章から、自民党を離党する可能性を指摘する声が出ていたが、複数の自民党幹部によると、橋本氏は、近く、自民党を離党する方向で調整に入ったとのこと。

橋本氏は19日、自民党の北海道選出の国会議員の会合で、「離党はせず、北海道連の会長も継続するので力を貸してほしい」と述べ、離党せず、現在務めている自民党北海道連の会長も継続する考えを示していた。

(FNNプライムオンライン2月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース