【速報】橋本聖子新会長 離党届提出 野党の批判受け一転決断


東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の橋本聖子新会長が19日午後、所属する自民党に離党届を提出した。

橋本氏は、会長就任にあたって、オリンピック・パラリンピック担当相を辞任したものの、19日朝、自民党離党はしない意向を示していた。

しかし、野党から「政治的中立を掲げるオリンピック憲章に違反する」、「自民党の自民党による自民党のためのオリンピック」などとの批判が出たことを受け、党執行部とも意見交換のうえ、一転、離党を決断した。

(FNNプライムオンライン2月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース