18、19歳「特定少年」厳罰化へ 少年法改正案を閣議決定


政府は、20歳未満を「少年」としたまま、18歳・19歳を「特定少年」として厳罰化する、少年法改正案を閣議決定した。

少年法改正案は、これまでどおり20歳未満を「少年」として、2022年4月から民法上は「成人」となる、18歳・19歳に限っては、「特定少年」と位置づける。

「特定少年」は、成人と同じ刑事責任を問う犯罪の対象が拡大されるほか、将来、罪を犯すおそれがあるとして保護される「虞犯(ぐはん)少年・少女」の対象からも外れる。

また、起訴された場合、実名報道が可能になる。

改正案が今国会で成立すれば、民法の成人年齢引き下げと同じく、2022年4月に施行される見通し。

(FNNプライムオンライン2月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース