【速報】橋本聖子新会長 小池知事と面会 「長年の友」連携を確認


東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の橋本聖子新会長が、19日午後、都庁を訪れ、会長となって初めて小池百合子知事と面会している。

小池知事は19日朝、橋本氏について、「長年の友」と称し、新会長就任については「天命だと思う」としたうえで、「IOC(国際オリンピック委員会)の皆さんに、橋本新会長はアイアンレディーだ」と紹介したとのエピソードも披露している。

一方で、橋本新会長が、当初、自民党にとどまる姿勢を見せていたことについては、「五輪憲章に政治的な中立性がうたわれている。大切にすべき」との見解を示し、「わかりやすい形が望ましいのでは」と述べていた。

橋本新会長は、小池知事との面会の前、自民党本部を訪れ、離党届を提出している。

大会開催まで、154日。

橋本・小池コンビで、準備が進められていく。

(FNNプライムオンライン2月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース