建物に大量のウミガメ... なぜ? 異変続くアメリカ

国際


アメリカ・テキサス州。

建物の床を埋め尽くしているのは、ウミガメ。

小さなものから大きなものまで、その数およそ3,500匹。

廊下の奥まで、びっしりと埋まっている。

なぜ大量のウミガメが、この場所にいるのか。

原因は、異常な寒さ。

テキサス州南部の沿岸部は、1年中暖かいことで知られている。

しかし、2021年は、寒波の影響で海水の温度が急激に低下。

ウミガメが、低体温症になってしまった。

保護団体担当者「彼らは、ヒレを動かせなくなって、海面を漂っています」

ウミガメの命に関わる危険な状態に、多くのボランティアが救出作戦を始めた。

地元のコンベンションセンターを暖房で暖め、1匹ずつ、人の手で中へ運ぶ作業が続けられている。

テキサス州では、寒さで停電も起き、400万人が影響を受けたが、この施設では、なんとか電気が復旧した。

ウミガメを海へかえすには、海水の温度が15度程度に上がるまで待たなければならないという。

(FNNプライムオンライン2月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース