「放送事業に関する会話あった」 首相長男の総務省接待問題


衛星放送関連会社に勤める菅首相の長男と、総務省幹部の接待会食問題で、総務省幹部がこれまでと一転、会食の中で放送事業に関する会話があったことを事実上認めた。

会食に参加した総務省の秋本情報流通行政局長は、衛星放送関連を手がける「東北新社」に勤務する菅首相の長男らとの会食で、放送事業に関する会話があったかについて、これまで「記憶が無い」と答えていた。

ところが、19日の衆議院予算委員会では一転、会食の音声データが報じられたことをふまえて答弁した。

立憲・森山浩行衆院議員「お二方(菅氏の長男ら)が、自分だと思うということで、BS・CSの話をしているということで、これはあったということでいいですか」

総務省・秋本情報流通行政局長「今となっては、木田氏や菅氏から、BS・CS・スターチャンネルに言及する発言があったのだろうと受け止める」

さらに秋本局長は、菅首相の長男は、総務省にとって接待を受けることなどが禁じられている利害関係者にあたることを認めた。

立憲・山岡達丸議員「菅氏の長男や木田氏、この2人も今の認識によって秋本局長にとって利害関係者ですね」

総務省・秋本情報流通行政局長「子会社である衛星機関放送事業者の役員兼任しているので、利害関係者と認識しています」

秋本局長はまた、会食の音声が公開されたときの気持ちについて、「天を仰ぐような、驚がくするような思いだった」と語った。

武田総務相「このたびは、度重なる総務省の幹部職員の会食に関わる報道で、国民の疑念招く事態となっていること、あらためて深くおわび申しあげます」

一方、武田総務相は、この件についてあらためて謝罪したほか、長男らと会食した秋本局長と湯本官房審議官を異動させる人事を発表した。

事実上の更迭とみられる。

(FNNプライムオンライン2月19日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース