「-25度から-15度で保管可能」 ファイザー“ワクチン”申請

国際


日本でも接種が始まった新型コロナウイルスのワクチンについて、ファイザーは、「標準的な医療用冷凍庫」での保管も認めるよう、アメリカ当局に申請した。

ファイザーは19日、ワクチンについて、「-25度から-15度で、2週間まで保管可能」という新たなデータをアメリカ食品医薬品局に提出した。

これまでは、保管の条件を「-80度から-60度で6カ月まで」としていたため、「超低温冷凍庫」の確保が課題の1つだった。

承認されれば、標準的な医療用冷凍庫でも保管できるようになり、ファイザーは、アメリカ以外の国でも、数週間以内にデータを提出するとしている。

(FNNプライムオンライン2月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース