英・ヘンリー王子夫妻「最終的に離脱」 全ての名誉称号返上へ

国際


イギリス王室は、現在、アメリカで暮らしているヘンリー王子とメーガン妃夫妻が、王室の活動から完全に離れることを明らかにした。

2020年1月に、王室の公務から離れると宣言したヘンリー王子とメーガン妃について、イギリス王室は19日、夫妻が1年間の見直し期間を経て、エリザベス女王に対し、「今後も公務には戻らない」という意思を伝えたと発表した。

これを受け、女王は、夫妻は「公人としての責任を全うできない」と判断し、ヘンリー王子の「海兵隊元帥」の役職や、夫妻の慈善団体などでの地位は、女王に返上することになった。

3月には、アメリカのテレビで、夫妻の王室離脱後、初めてのインタビューが放送される予定で、王室との関係悪化も懸念されている。

(FNNプライムオンライン2月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース