“第2便”ベルギーを出発 日本向けワクチン


日本に向けた新型コロナウイルスのワクチンの第2便を載せたとみられる航空機が日本時間20日午後11時ごろ、ベルギーを出発した。

積み込まれる貨物には、ワクチンを日本へ輸送する業務を全日空とともに行っている国際物流大手「DHL」の黄色いロゴも確認できた。

ベルギーで製造されたファイザーのワクチンを載せたとみられる航空機は、日本時間20日午後11時ごろ、首都ブリュッセル郊外の空港から日本に飛び立った。

ベルギーから日本にワクチンが届くのは、2月12日に続いて2度目で、この第2便については、河野規制改革担当相が、最大45万2,790回分が21日に到着すると明らかにしている。

今回のワクチンは、17日から始まっている医療従事者向けの先行接種に利用される。

(FNNプライムオンライン2月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース