練習機墜落 空自隊員ら2人死亡 アメリカで訓練中

国際


航空自衛隊の隊員がアメリカ・アラバマ州で訓練中、練習機が墜落し、隊員と同乗していたアメリカ人の教官の2人が死亡した。

岸防衛相「将来を期待する航空自衛隊の若手パイロット、米国の教官がお亡くなりになられたことは、防衛大臣としても痛恨の極みであります」

防衛省によると、航空自衛隊の20代の2等空尉の男性が日本時間20日午前、アメリカ・アラバマ州で、アメリカ空軍の教官とT-38練習機で訓練中、墜落して隊員と教官の2人が死亡した。

練習機は、離着陸を繰り返す「タッチ・アンド・ゴー」の訓練で着陸する際、空港のおよそ3km手前で墜落していて、航空自衛隊は、事故のくわしい状況を確認している。

(FNNプライムオンライン2月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース