多くの地点で“宣言”以降最多 きのうの東京の人出

経済・ビジネス


20日の東京の人出は、緊急事態宣言が発令されて以降の土曜日で最多となる繁華街が多く見られた。

ソフトバンクの子会社の「Agoop」が解析したデータによると、20日午後3時時点の東京の人出は、先週の同じ時間と比べ秋葉原駅で15.2%、渋谷センター街で14.4%、新宿駅で8.9%、銀座駅で3.1%それぞれ増加し、多くの地点で緊急事態宣言の発令以降の土曜日で最多となった。

緊急事態宣言下での、1月の土曜日の平均との比較では、六本木駅で38.1%、秋葉原駅で35.9%、渋谷センター街で27.2%、銀座駅16.9%など、大きく増加していた。

午後8時時点では、1月と比べ、渋谷センター街で63.7%、銀座駅で41.3%、秋葉原駅36.9%、新宿駅29.3%増加するなど、人出の増加傾向の加速がうかがえた。

(FNNプライムオンライン2月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース