世界で初めてヒトに感染確認 鳥インフル「H5N8亜型」

国際


世界で初めてのヒトへの感染確認だと発表した。

ロシアの衛生当局は、20日、2020年12月に致死率が高い「H5N8亜型」の鳥インフルエンザウイルスが確認された、南部アストラハンの養鶏場の従業員7人から、ウイルスが検出されたと発表した。

7人は一時、体に軽い違和感があったものの、すでに普段の状態に戻っているという。

ロシア当局は、「H5N8亜型」のヒトへの感染確認は世界で初めてだとする一方、ヒトからヒトへの感染でないことを強調している。

(FNNプライムオンライン2月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース