「開ける・捨てる・送る」…巣ごもり需要で増える段ボールのお悩み解決グッズをご紹介

暮らし 話題・トレンド

段ボールのお悩み解決グッズをご紹介

巣ごもり需要でたまる段ボール箱。

「開ける・捨てる・送る」ときのお悩みを解決してくれる便利グッズをシェアする。


まずは、グッドデザイン賞を受賞した「デザインフィル ミドリ ダンボールカッター」1078円(税込み)。


シェアトピ学生リポーター吉澤真彩:
最初にプスッと入れたら、スーッと最後まで切れるのでとっても気持ちがいいです。


耐久性に優れたセラミックの刃を使用し、丸い形状を180℃開くと手にフィットする。


さらに、中に磁石が入っていて、冷蔵庫や玄関などに貼っておけるのも便利。


段ボールを簡単に収納できる

続いて、段ボールをコンパクトに置いておける「コジット 移動が楽らく段ボールストッカー」2728円(税込み)。


デッドスペースを有効利用できるほか、キャスター付きのため移動もラクラク。


さらに、段ボールを捨てる際も立てた状態のまま簡単にヒモで縛ることができる。


段ボールの大きさを変えることができる

そして、フリマアプリなどで物を送る時にありがちな「ちょうどいい大きさの箱がない」というお悩み。

そこで使うのは、定規のような「日伸貿易 箱切り名人」1870円(税込み)~。


段ボール箱の内側をすべらせると…

シェアトピ学生リポーター吉澤真彩:
すべらせたところが点線になっています。


あとは、カッターで点線の位置まで四隅を切れば準備完了。

内側の点線が折り目になって、簡単かつキレイに折りたたむことが可能。


(「めざましテレビ」2月22日放送分より)

(FNNプライムオンライン2月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース