必要数届かずバイト動員か 知事リコールの署名偽造


愛知県の大村知事に対するリコール運動をめぐり、アルバイトが署名を偽造していたとされる問題で、アルバイトの発注は、署名集めの期限が迫った2020年10月中旬に行われたとみられることがわかった。

大村知事のリコール運動をめぐっては、県選管の調査で提出された署名のうち8割以上が無効とされ、運動を主導した団体の事務局関係者が、名古屋の広告関連会社にアルバイトを集め、署名を偽造するよう発注したとみられている。

署名集めは2020年10月25日が期限だったが、事務局関係者は、アルバイトの発注を期限が迫った10月中旬にしたとみられることが、関係者への取材で新たにわかった。

署名がリコールに必要な数に達しないとわかり、偽造に動いた可能性がある。

発注書には、事務局幹部のものとみられる署名と押印があり、地方自治法違反の疑いで捜査を進めている愛知県警は、すでにこの発注書を押収したとみられる。

一方、運動を主導した高須クリニックの高須克弥院長らは、不正への関与を否定している。

(FNNプライムオンライン2月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース