NZ地震から10年 現地に思いをはせ 黙とう


日本人28人を含む185人が犠牲になったニュージーランド地震から22日で10年。
被災地のクライストチャーチで追悼式が開かれ、参列者が地震の発生時刻に黙とうをささげた。

一方、学生12人が亡くなった富山市の富山外国語専門学校でも、追悼の集いが行われ、2021年は、例年参加していた発生当時の学校関係者や同級生は招かず、新型コロナの影響で渡航ができなかった遺族や在校生のみが出席。

そして、地震が発生した午前8時51分に合わせ、黙とうをささげた。

娘を亡くした堀田和夫さん「(地震から)10年たちましたよね。10年前の2月22日に戻される感覚。どこにいようと、つらい。悲しい」

(FNNプライムオンライン2月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース