ミャンマー 最大規模のボイコット クーデターへ抗議

国際


クーデターへの抗議が続くミャンマーでは22日、最大規模の仕事のボイコットが呼びかけられていて、国軍側との間で緊張が高まっている。

ミャンマーでは、21日までに治安部隊による武力行使により、4人が犠牲となっている。

クーデター発生後、各地で医療従事者や公務員らが仕事をボイコットする運動を続けていて、経済活動がまひしているが、22日は地元のスーパーマーケットや大手レストランなども、SNSを通じて営業中止を発表していて、最大規模の抗議活動になる見通し。

一方、治安部隊は、主に地方でデモ隊に対して発砲するなど弾圧を強めていて、緊張が高まっている。

(FNNプライムオンライン2月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース