バカラ賭博を生中継 ネットカジノ店 摘発

社会


東京・上野でインターネットカジノ店を経営し、バカラ賭博をした疑いで50歳の男が逮捕された。

常習賭博の疑いで逮捕された、インターネットカジノ店「チャンプ」経営者の千葉修一容疑者(50)は1月18日、台東区上野の店内に12台のパソコンを設置してバカラ賭博を生中継し、1ポイント100円のレートで客に金を賭けさせた疑いが持たれている。

千葉容疑者は摘発を逃れるため、店の出入り口に防犯カメラを設置し、顧客の顔写真をリスト化していたという。

調べに対し、千葉容疑者は「2020年11月ごろからやっていた」と供述しているという。

(FNNプライムオンライン2月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース