長男ら接待 菅首相「心からおわび」 総務省12人 のべ38回会食

政治・外交


衛星放送関連会社に勤める菅首相の長男らによる総務省幹部への接待問題をめぐり、総務省は22日、会食に参加していた職員は12人とする報告書を国会に提出し、菅首相が「心からおわびする」と陳謝した。

菅首相「わたしの長男が関係して、結果として公務員が倫理法に違反する行為することになった。このことについては、心からおわびを申し上げ、大変申し訳なく思います」

総務省が衆議院予算委員会に提出した報告書では、菅首相の長男や長男が勤める会社の幹部と、公務員倫理規定に違反する疑いのある会食をしたのは、すでに判明している幹部4人を含め、全部で12人で、回数はのべ38回。

このほか、当時総務審議官だった山田真貴子現内閣広報官も会食していたとしている。

総務省・谷脇康彦総務審議官「私自身の認識に甘さがあったという点については、深く反省しています。本当に申し訳ありません」

予算委員会で、武田総務相は、放送行政がゆがめられた事実は確認されていないと強調した。

(FNNプライムオンライン2月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース