マスク下のニキビ「マスクネ」 摩擦・乾燥で悪化 カギは保湿


マスク生活が長引き、マスクによるニキビ“マスクネ”が急増。街でも多くの女性から悩みの声が...。

20代女性A「(マスク生活になって肌に変化はあった?)赤い湿疹、ブツブツができたりとかは増えました」

20代女性B「(マスク生活になって肌に変化はあった?)マスクしてから元々肌が弱いので、荒れたりとかニキビができたりして困りました。(マスクを着けて)1カ月くらいで出ちゃったので、皮膚科に行って今も通っている状態です」

マスクを着けることによる肌の状態について行った調査によると、半分近い人(47.5%)が「悪くなった」と回答。

では、なぜマスクをつけると肌の状態が悪くなるのか、美容クリニックの医師に聞いた。

スキンリファインクリニック 篠原秀勝院長「一番大きな要因はマスクの摩擦。摩擦によって肌の表面が傷ついて、ニキビだったりその他肌荒れが起こる。“マスクネ”と呼ばれて、この1年ですごく増えていると思います」

「マスクネ」とは、“マスク”と英語でニキビを意味する“アクネ菌”を合わせた造語。

マスクを長時間着用することによって現れる、ニキビ・肌荒れなどの皮膚の炎症のことを指すのだそう。

マスクの摩擦によって肌を守るための角層が厚くなり、そのため毛穴の入り口がふさがれてしまい、そうすることで皮脂がたまり、ニキビになりやすくなってしまうのだという。

冬場の乾燥では保湿成分が奪われ、一方、暖かくなるとマスク内が蒸れやすくなり、どちらも「マスクネ」が発生しやすい状況だという。

「このところの寒暖差の激しさも、肌の状態の悪化につながる」と篠原医師は指摘。

行うべき“マスクネ対策”があるという。
まず1つ目は「日々のスキンケア」。

スキンリファインクリニック 篠原秀勝院長「肌というのは、元々ある程度保湿されていることで健康を保っていますから、乾燥すること自体で肌に悪影響を及ぼします。毎日家に帰ってマスクを外して、よく洗顔したあと、よく保湿することが大事」

そして、2つ目は「自分に合うマスク選び」。

スキンリファインクリニック 篠原秀勝院長「直接肌に当たらない構造のマスクっていうのは、多分どんな方でも対策として有効な方法になります」

“マスクネ”人口が増える中、最近では“肌荒れしにくいマスク”が続々と登場している。
まずは寝具メーカーが開発した、肌にやさしい「パフマスク」(税込み1,980円)。

マスクの裏地を見てみると、細かい毛が。
実は毛足3mmの化粧パフを使ったマスクだという。

オーシン 渡辺哲広社長「どんなものが肌に優しいんだろうって中で、女性の方がお化粧するときにパフを使いますよねという、女性からの意見があって」

ガーゼのマスクに比べて、2.8倍のなめらかさを実現。
さらに、生地の気密性が高いことから、飛沫も出にくいとメーカーは伝えている。
化粧もつきづらいのだそう。

続いては、有害物質から守る次世代マスク「ブリーズマスク」(税込み1万780円)。

フィリップス・ジャパン 柳澤真吾さん「PM2.5の対策用マスクとして開発されておりまして、日本では去年の11月に納入させていただきました」

1万円以上するマスクの性能の最大の特徴は、N95規格の高密度なフィルターを使用。

フィルターによってPM2.5・花粉は95%カット。
さらに、飛沫・ウイルスは98%以上もカットするとうたっている。

気になるマスクのボタンを押すとファンが回り、空気がマスクの中に循環される構造に。

また、3Dデザインが顔のラインにフィットし、密着しながらも口元はマスクが張り付きにくいので、化粧崩れの悩みも軽減することが期待されている。

篠原医師によると、こうした対策をとっても一向に肌荒れが解消されない場合は、放置することなく、「悪化が進む前に医師による専門的な治療を受けてほしい」としている。

(FNNプライムオンライン2月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース